建物の基礎 基礎と土台がしっかりしていないと、大きな地震のとき土台と基礎がずれ、住宅が倒壊・大破する危険性が高くなります。
基礎が不十分な場合、基礎から直し、土台とつなぎ合わせる必要があります。
基礎を補強して建物の性能を高めます。
接合部の補強 壁・柱・はりが一体となって地震に耐えるようになっていますが、少しでもずれると軸組としての力がうまく伝わらず、倒壊・大破する危険性が高くなります。
どのように作られているか確認し、金物などで必要な部分をつなぎあわせる必要があります。
金物などでしっかりつなぎ合わせて固定補強します。
壁の補強 壁の面積が少ない面や、弱い壁などが多い住宅では、地震により倒壊・大破するおそれがあります。
壁を増設したり、補強することによって耐震性を高めることが期待でます。
耐震性の高い壁を増やす事で建物は丈夫になります。
屋根の軽量化 屋根が重たいと地震の揺れで建物を倒壊させる危険性があります。
軽い屋根に変え、耐震力を高めることができます。
屋根を軽量化し耐震力を高めます。